備忘録的、気まぐれ旅行記

国内旅行(マイナーな場所多め)のブログです。旅行で日本を元気に!

23・男鹿と弘前

ちょっと遅くなりましたが、4月下旬に桜が有名な青森県弘前へ行ってきました。

 

行程としては大宮→秋田→男鹿(宿泊)男鹿→弘前(宿泊)弘前→青森→大宮です。

 

秋田駅に到着~。秋田の皆さま、怒らないで聞いてください。

 f:id:funfuntravel:20180517185347j:plain

「意外と都会だ!」

 

レンタカーを借り、男鹿方面へ。

 

男鹿を周遊するならレンタカーのほうがいいですね。

 

ちなみに男鹿駅前にレンタカー屋さんはありません。

 

なまはげの出迎え!

f:id:funfuntravel:20180517185638j:plain

 

海岸沿いを走ります。

 

↓1つめの目的地、ゴジラ岩に到着!

f:id:funfuntravel:20180518144012j:plain

↓道路からちょっと急な坂を下ると、車を停めるスペースがあります。

f:id:funfuntravel:20180518144037j:plain

有名な観光スポットのはずですが、しっかりと整備された駐車場ではありませんね。

 

観光バスじゃムリでしょう...。

 

↓一泊目は「男鹿桜島リゾート」に宿泊です。

f:id:funfuntravel:20180517185900j:plain

海が見える露天風呂が最高でした。

↓海が見えるレストランで朝食バイキング

f:id:funfuntravel:20180517190005j:plain

 

二日目は男鹿から弘前へ大移動です。

 

入道崎、なまはげ館など男鹿半島には観光地がたくさんありますが...

 

今回は時間の都合により、真山神社・八望台だけ見て、弘前へ向かいました。

 

↓八望台

f:id:funfuntravel:20180518143448j:plain

↓八望台からの展望

f:id:funfuntravel:20180518144117j:plain

男鹿から弘前へ向かう途中、風力発電がありました。

 

秋田や青森の海沿いは良い風が来るのでしょうか?

 

けっこう目にしますよね!

 

弘前に到着~。

 

車を近くのコインパーキングに停めます。

弘前城公園周辺は車が大変混雑するので、適当なコインパーキングに停め、歩いたほうがいいです※

 

弘前城公園周辺から撮影

f:id:funfuntravel:20180518143656j:plain

↓公園内はある程度無料で入れますが、城を見るには入場料が必要です。

f:id:funfuntravel:20180518143813j:plain

 

↓二泊目は鰺ヶ沢の「グランメール山海荘」に宿泊しました。

f:id:funfuntravel:20180518174033j:plain

 

三日目は家で飼っているペットを早く迎えに行かなければならなかったので、

 

弘前12:30の列車で帰ります。

 

鰺ヶ沢から再度弘前へ向かいます。

 

↓途中「鶴の舞橋」という、以前JRのCMに使用された観光地がありますので向かいました。

 f:id:funfuntravel:20180518143853j:plain

朝早いということもあってか、あまり人がいません...。

 

天気がよければ、岩木山津軽富士)が見えるのですが、

 

当日はうっすら見える程度でした…。

 

弘前駅でレンタカーを返却し、帰路につきます。

22・会津若松

雪見の温泉に入りたいと思い、ふらーっと新幹線と磐越西線会津若松へ。

 

郡山はそんなに雪はありませんでしたが、山奥に進むにつれ、雪が多くなっていきます。

 

会津若松駅に無事到着~。大雪です。温泉も期待できますね。

f:id:funfuntravel:20180224135708j:plain

 

とりあえず喜多方ラーメンを食べようと駅前を散策。

 

駅から徒歩4分ほどの「来夢」という店で食べました。

f:id:funfuntravel:20180224135806j:plain

チャーシュー麺。ご飯が欲しくなる一杯でした。

 

宿に到着。東山温泉、御宿東鳳(おんやどとうほう)に泊まりました。
この宿の決め手は露天風呂。
寝湯の露天風呂、市内が一望できる露天風呂と満点でした。

吹雪なみの大雪でしたが、最高でした。

 


2日目は鶴ヶ城へ。

f:id:funfuntravel:20180224135449j:plain

あいにく私は日本史が大の苦手なのでよくわかりませんでした。

「ならぬことはならぬのです」いい言葉ですね⤴

 

会津若松武家屋敷、御薬園、野口英世館など観るところがたくさんあります。

しかし、予想以上に雪がひどく、郡山からの新幹線に間に合わないと思い、帰路に着きました。

 

が、予想どおり磐越西線は雪の影響で大幅遅れ…。

郡山までバスで帰りました。
1100円でしたので、安く済んで良かったです。
★JRの乗車券を持っていても振替輸送ではないので注意してください★

 

無事に東京へ到着です。

21・盛岡 その2

盛岡旅行2日目です。

 

↓盛岡銀行赤レンガ館。

f:id:funfuntravel:20180206170352j:plain

無料コーナーと有料ゾーンがあります。
東京駅と同じく辰野金吾の設計によるものです。

 

↓啄木賢治青春館

f:id:funfuntravel:20180206170629j:plain

石川啄木宮沢賢治の生い立ちが学べます。
銀行だった建物を使用しているようで、頭取室がありました。
1階の喫茶コーナーで飲むコーヒー(400円)が美味しい。

 

↓盛岡八幡宮

f:id:funfuntravel:20180206170743j:plain

盛岡市民はここに初詣に行くんでしょうか?
徒歩だとちょっと遠いかな。バスもあるけど、頑張って歩きましょう。

 

桜山神社

f:id:funfuntravel:20180206171024j:plain

盛岡城跡公園内にあります。
近くにはジャジャ麺が有名な白龍本店(今回は食べませんでしたが)があります。

 

↓渡戸稲造の胸像

f:id:funfuntravel:20180206171138j:plain

旧5千円札で有名な人です。
市庁舎裏にありました。

 

石割桜

f:id:funfuntravel:20180206171257j:plain

裁判所の敷地内にあります。
春だったらさぞキレイでしょう。

 

f:id:funfuntravel:20180206171445p:plain

↑盛岡略図


盛岡へ行って思ったこと
①意外と雪が降ります。太平洋側だから甘くみてました。
②盛岡って何もないイメージだったけど、以外と観光するところがあります。
今回は行きませんでしたが、新渡戸稲造の生家・原敬別邸跡・啄木新婚の家など、明治時代の偉人に関係する名所があります。
③東京ではまず考えられない、スタバや一風堂が空いている。人混み嫌いの私にはもってこい。


トドヶ崎は暖かくなったら行きます。

20・盛岡 その1

本州の東西南北の端を目指している私です。

これまでに西・南・北は制覇しており、残るは最東端の岩手県トドヶ崎のみとなりました。

2月4日(日)に行こうと思ってたのですが…

まさかの2月2日3日と雪予報⤵

トドヶ崎は宮古駅からクルマで1時間、さらに山道を1時間歩きます。

雪を理由に今回は断念することにしました…。

しかし、せっかく新幹線と盛岡市内のホテルを予約したので、盛岡観光に行ってきました。

 

盛岡駅着~

 f:id:funfuntravel:20180206165034j:plain


北出口から出ると、駅前に「マリオス」というビルがあります。

20階ほどの建物ですが、最上階には無料展望台もありす。
↓周りに高い建物がないので、景色はバツグン!

f:id:funfuntravel:20180206165301j:plain

マリオスから家電量販店コジマ方面へ25分ほど歩きます。
雫石川を越えると、岩手県立美術館があります。

 

篠山輝信展をやっていました。

f:id:funfuntravel:20180206165145j:plain

ビートたけし市川海老蔵などの著名人の写真でしたが、今にも動き出しそうというか、人物だけ浮き上がってるような、そんな感じの写真でした。
★注★篠山輝信展の開催は岩手県立美術館のHPでご確認ください。

 

駅へ戻り昼食。
盛岡といえばわんこそば・冷麺・ジャジャ麺ですね。
↓ジャジャ麺は食べたことがなかったので、駅前の「hotjaja」で頂きました。

f:id:funfuntravel:20180206165552j:plain

f:id:funfuntravel:20180206165615j:plain

食べ終わったあと、少し残った味噌に卵とスープを入れる「チータンタン」なるものを初めて知りました!

 

↓開運橋。渡ると良いことありそうですね。

f:id:funfuntravel:20180206165735j:plain

 

↓夕飯は東京でも食べられる一風堂でした(笑)

f:id:funfuntravel:20180206165940j:plain

 

2日目へ続く!

 

19・むかし行った金沢

2018年となり1カ月経ちました。

いかがお過ごしでしょう?


最強寒波が日本上空に居座っているため、日本海側を中心に大雪となっています。

 

関東も1月22日には雪が降り交通機関もマヒしましたね・・・。

 

新潟県佐渡・石川県輪島では断水も起きているようで、一日も早い復旧を願います。

 

佐渡は行ったことがなく、近いうちに訪れてみようかと思います。

 

石川県は金沢・和倉・輪島と何回か行ったことがありますので、おすすめスポットを紹介します。

 

1.金沢の定番「兼六園

言わずと知れた金沢一の観光名所。

日本三大庭園の一つ。

観光客が必ず写真を撮る「ことじ灯籠」。私も撮りました(笑)

f:id:funfuntravel:20180131140133j:plain

 

2.能登の新名所「白米千枚田

金沢市内から車で2時間。

世界農業遺産にも登録され、絶景はSNS映え間違いなし!

f:id:funfuntravel:20180131140718j:plain

 

3.和倉に泊まるなら「虹と海」

加賀屋グループでありながら比較的安く泊まれ、モダンな外観と内観は女性に大変注目されています。

もちろん部屋、大浴場からは七尾湾が望めます。

f:id:funfuntravel:20180131141207j:plain

 

北陸新幹線が開業してまもなく3年。

京都に負けない「和」がある北陸へ、雪が落ち着いたら行ってみては?

18・本州最西端 その2

本州最西端毘沙ノ鼻を目指す旅の続きです。

 

2日目の朝はドーミーイン下関で朝食バイキングです。

目玉焼きは焼いてくれるし、フグの唐揚げもあります。

さすが下関エリアのホテル1位、評価は満点ですね!
f:id:funfuntravel:20170909205859j:plain

 

さて、下関市街から毘沙ノ鼻まではレンタカーを借りて行きます。

西日本で車を運転するのは初めてですが、恐る恐る出発。
下関駅周辺はちょっと混んでますが、市街地を抜ければ車の台数もそれほど多くないので、運転しやすいですヨ。


↓親切に案内板がありますので迷うことはないでしょう。

f:id:funfuntravel:20170911173623j:plain

↓途中けっこう山道です。
f:id:funfuntravel:20170909210036j:plain

下関駅から1時間ほどで毘沙ノ鼻駐車場に到着。
f:id:funfuntravel:20170909210050j:plain
駐車場は20台くらい、駐車料金は無料です。

平日のためか、工事関係者の人しかいませんでした。

駐車場から徒歩2分ほどで最西端到着です。
おー!最西端だ!
潮岬や大間崎と違って誰もいないので、景色独り占めです!

f:id:funfuntravel:20170909220027j:plain

f:id:funfuntravel:20170909220129j:plain
ただ、ここは一般人が行ける最西端です。本当の最西端は管理業者の人しか行けないらしい…。

滞在時間は15分ほどです。(店や名物もありませんので笑)

さて、ここから更に北へ進み、CMで有名になった角島へ行ってみたいと思います!

f:id:funfuntravel:20170909205927j:plain

海沿いに走ること40分くらいでしょうか。
なんか橋が見えてきたぞ。

f:id:funfuntravel:20170909220613j:plain

橋の近くに無料駐車場&トイレ(↑の写真の右の建物)がありますので、そこにクルマを停めます。

スゲー!CMでみたまんまだ!

f:id:funfuntravel:20170909220404j:plain

カメラど素人の私でもこんな良い写真が撮れます。

ここは沖縄か?と思うほど海水が澄んでいます。

女子旅の方々、中高年夫婦の方々など、チラホラ観光客がいました。

最西端が目的だったのに、こちらのほうが滞在時間が長かったです(笑)。

 

さらに角島の奥の方や、青海島にも行ってみたかったのですが、帰りの飛行機の時間が心配なので、下関駅へ折り返します。

下関駅でレンタカーを返し、電車で福岡空港へ向かいます。

電車で関門海峡を抜けます。
今度はゆっくり関門海峡を観光したいですね。
f:id:funfuntravel:20170909210143j:plain
ソニックかっけぇ!全座席にコンセントも完備してます。
けっこう飛ばすなー。小倉から博多まで新幹線と迷いましたが、ソニックにして正解でした。

博多駅のだるまでラーメン食べて帰路に着きました。(個人的に一風堂のほうがあっさりしてておいしかったかな)
f:id:funfuntravel:20170909210208j:plain
f:id:funfuntravel:20170909210225j:plain

 

今回の行程
成田空港13:30→ピーチ525便→福岡空港15:35
福岡空港→市営地下鉄→博多駅
天神バスセンター18:20→西鉄バス下関駅
下関駅8:10→レンタカー→毘沙ノ鼻9:10
毘沙ノ鼻9:30→レンタカー→角島大橋10:30
角島大橋11:15→レンタカー→下関駅12:15
下関駅12:38→山陽本線小倉駅12:51
小倉駅13:05→ソニック28号→博多駅
福岡空港16:20→ピーチ526便→成田空港18:15

※飛行機・電車・バスの時刻は変更されている可能性もありますのでご注意ください。

 

本州の東西南北端をめぐる旅、残るは訪問難易度MAXのトドヶ崎です。

17・本州最西端 その1

国内旅行業務取扱管理者の試験が先日終了しました。
自信ある人も自信ない人も頑張った自分へのご褒美に旅行に行きましょう!

 

昨年から本州の東西南北の端を巡る旅行をしています。
これまでに最北端の大間崎、最南端の潮岬を制覇しています。
今回は最西端へ行ってきました。

 

成田空港からLCCのピーチに乗ります。

LCCの魅力はなんといっても価格の安さ。
往復で13000円ですから、やはり一度乗ると大手は乗れなくなってしまいますね。

 

初めての福岡空港に到着~!

とりあえず豚骨ラーメンを食べるために地下鉄で天神へ。
地下鉄ではSuicaPASMOが使えます。

今回は一風堂タオに行くことにしました。
なぜか店内は祭が開かれているのかと思うほど、太鼓を叩く映像と音が流れてました。
そういうコンセプトの店らしい。

↓ちょっとわかりずらい店・・・

f:id:funfuntravel:20170909205006j:plain

 

さて、博多から下関へ向かいます。

急いでいないのでバスで行くことにしました。
↓天神のバスセンターは三越の3階にあります。
f:id:funfuntravel:20170909205034j:plain

↓1階からエスカレーターに乗ります。
f:id:funfuntravel:20170909205053j:plain
↓きっぷはあらかじめ券売機で買います。
f:id:funfuntravel:20170909205111j:plain

バスの乗客は私を含め7人ほど。少ないですね…。

1時間ほどで下関に到着〜。

今回は駅前のドーミーイン下関にお世話になります。
f:id:funfuntravel:20170909205140j:plain
キレイなホテルで大浴場・露天風呂もあります。

夕飯は時間も遅かったので、近くのセブンイレブンで済ませることにしました。
西日本ではおなじみ、味付け海苔のおにぎり。
f:id:funfuntravel:20170909205152j:plain

 

そしてドーミーイン名物の夜鳴きそば!しかも無料!
f:id:funfuntravel:20170909205210j:plain
今回は端に行くことが目的なので、関門海峡や巌流島はスルーさせていただきました…。

2日目に続く!