読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

traveeeelブログ

国内旅行を中心としたブログです。旅行で日本を元気に!GReeeeNが好きなのでtravelのeが4つです(笑)

7・カメラを紹介します

旅行のお伴の一つとしてカメラがありますね。

 

スマホのカメラしか使わない」という方も大勢いらっしゃるようですが・・・。

 

私は一応カメラを持っていきます。

 

SONYのミラーレス一眼α6000です。

 f:id:funfuntravel:20160926111307j:plain

これを買った理由の一つは大きさと重さ。

 

私は何時間も待って、レアな鉄道や動物・景色を撮る写真家ではありません。

気軽に旅行に行って、友人と一緒に写真を撮る、行った場所を忘れないように撮る、美しいもの・珍しいものに偶然遭遇したら撮る、ただそれだけのために写真を撮っています。

 

だから超高画質よりも、フットワークの軽いカメラが欲しかったのです。

 

「だったらコンデジでいいじゃん」となりそうですが、

 

二つ目の理由はファインダー。

昼間の屋外、明るい場所では液晶の輝度を最大にしないと液晶画面が見えません。

そんな状態で写真を撮ったら、カメラのバッテリーはすぐ減ってしまいますよね。

ただファインダーが付いていれば良いわけではなく、なんの特化もない普通のファインダーなら明るすぎたり暗すぎたりする写真となってしまいます。

 

しかし、α60000のファインダーは有機EL液晶を使っています。

ファインダーをのぞけばその先にもう一つ液晶があるのです。

ファインダーをのぞきながら、絞りやシャッタースピード、ISOを変更し、その設定がそのままファインダー内の液晶に反映されるのです。

 

だからファインダーでのぞいたままの、絶対に失敗しない写真が撮れるのです。

 

それにファインダーをのぞきながら撮るとカッコいいですしね。

 

その他、0.06秒の高速オートフォーカス・デザイン・価格含め総合的に勘案し、α6000に決めました。

 

ただ不満が許されるならば、2点ほど言わせてほしい。

①バッテリーをもうちょっと長持ちさせて。

②シューキャップを最初から付けてほしい。

 

①については他のカメラと比較したわけではないので、こんなものかと割り切ってしまえばそれまでですが、動画なんか撮影したときにはぐんぐん減っていきます。

ソニーは電池事業とかもやっているので、そのあたりは強いと思っているんですが・・・。

 

②は他の機器(ストロボなど)を接続するときの接続部のカバーです。

 f:id:funfuntravel:20160926111919j:plain

↑接続部が常にさらされていると、ホコリや水滴が怖い・・・。

たったプラスチック1枚をなぜ別売りにしているんでしょう?

 

 

製品自体には満足しているので、これからもこのブログに載せるカメラはα6000を使っていきたいと思います。

6・三島スカイウォーク

先日、静岡県三島市にある「三島スカイウォーク」に行ってきました。

当日はあいにくの曇り空でしたが、完成して間もないということで、平日にも関わらず多くの人がいました。

 

f:id:funfuntravel:20160921154944j:plain

↑全長400mと国内では最長の吊り橋です!

f:id:funfuntravel:20160921161138j:plain

↑ロゴがスカイツリーに似てると感じたのは私だけですかね?

f:id:funfuntravel:20160921155201j:plain

↑左に駿府湾、右に本来なら富士山が見えます・・・。

 

三島スカイウォークは2015年12月に完成し、全長400mと日本一のつり橋です。

その造りは頑丈で、大人が2100人乗っても大丈夫とのこと!

 

大きいだけじゃありません。人にも優しいつり橋になっています。

・無駄をなくしたシンプルなデザイン

・橋の中央に立った時、ワイヤーで眺望が遮られないよう、ワイヤーを高めの位置で引いている

車いすの人でも通れるよう、通路は広め

 

ちなみに橋を渡った先には小高い丘があり、そこから駿府湾・富士山をバックにスカイウォーク全体が見渡せるようになっています。(そこからの写真はありません・・・)

 

おみやげ屋さんも充実していますよ!

 

静岡観光の際にはぜひ行ってみてはどうでしょう?

むしろこれメインで行く価値はあります!!

 

!高所恐怖症の方は注意!

・普通の橋とは異なり吊り橋ですから、けっこう揺れます。(歩いている分には気づきませんが、立ち止まるとすごい揺れているのがわかります)

・足元の板と板の隙間から下が見えます。(標高415mあります)

 


5・縁

(設定を間違えたようで、PCで見る場合は画像が大きめに表示されます・・・すみません)

今回は旅行と関係ないことをつづります。

旅行と同じくらい好きなもの、それはアーティストのGReeeeNです。

メディアへの顔出しを一切していないGReeeeN
これだけネットが成熟している時代に、本人画像が流通していないのは本当に凄いことだと思います。

そんなGReeeeNも今年で10周年。
その記念すべき年の本日「縁」というアルバムが発売されました。
(「緑」じゃなくて「縁」です。紛らわしくさせるところもGReeeeNっぽい!)

f:id:funfuntravel:20160914123718j:plain
初回限定盤を購入。

f:id:funfuntravel:20160914123747j:plain
特典としてYou know me?と書かれた箱に湯呑み!(笑)

f:id:funfuntravel:20160914124000j:plain

くしくも今日は私の誕生日なので、誕生日の日にアルバムが発売されるのも「縁」だなぁと思いました。

現在メンバーの4人は札幌、福島、沖縄とバラバラに住み、歯科医師として働いていらっしゃるそうです。
にもかかわらず最近は
本を出したり、
テレビやラジオに出たり、
ライブをやったり、
と超多忙なGReeeeNの皆さん。
これからも応援しています!

GReeeeNの音楽もって旅に出よう!

4・スマホと節約と旅行

iPhone7が発表されましたね。
目新しいのは防水、Suica対応、イヤホンジャック廃止っていうところでしょうか。

私はXPERIAを使ってますが、ときどきアプリの充実ぶりにiPhone羨ましいって思います(笑)。

それにしてもスマホ代って高いですよね。
私も月に7000円払ってるんですが、次は格安スマホと格安SIMにしようと思います。

スマホ本体が2万円&月額2500円くらいで済むので、大幅に節約できそうです。

節約のコツは毎月決まった額の固定費を減らすこと。
毎月のスマホ代が7000円から6000円になっただけでも、年に1万2000円節約できます。

余計なオプションとか付けてませんか?
ときどき料金プラン見直してみましょう。

そしてその浮いたお金で旅行に行きましょう!


私は今行きたいところがありまして、
それはトドヶ崎・毘沙ノ鼻・潮岬・大間崎。

この4つの地名を聞いてすぐにわかった方は旅行通ですね。
これら4つの場所は本州の東西南北端なんです。

10万円以内で、行けるか計画を立てている途中なんですが、計画を立てるのも旅行の醍醐味ですよね。
「LCCなら行けるか」「カプセルホテルなら安いぞ」とか毎日考えてます。

高いスマホ代を払うより、旅行に行ったほうが人生充実すると思いません?

3・むかし行った広島県宮島

先日、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」が連載終了というニュースがありました。秋元治さん、200巻の偉業、大変おめでとうございます。そして40年間お疲れ様でした。

 

こち亀も好きなんですが、それと同じくらい好きなのが「名探偵コナン」なんです。私が6歳の頃からやっていますからね。

いま90巻まで出ており、こち亀の約半分ですけど、長期連載するってやっぱりすごいですね。

 

こち亀とコナンに共通するところ、それは漫画では珍しく、日本の実際の地名がたくさん登場していること。

こち亀は亀有・浅草・秋葉原・神田・お茶の水。コナンは住んでいる所は米花(架空の街)ですが、大阪・京都・最近は群馬や長野もよく出てきますね。

 

コナンは「広島宮島七不思議ツアー」という回で、広島県宮島に行っているんですが(コミックスでは行っていません。アニメーションのみ)、私も宮島に行ったことがあります。

f:id:funfuntravel:20160906104232j:plain

そのとき見つけたのがこれ・・・。

f:id:funfuntravel:20160906104359j:plain

小五郎さんが美味しそうに穴子まんを食べるシーンが額に飾られていました。

なんとその背景の店は実在していました。

f:id:funfuntravel:20160906104527j:plain

「あっ、小五郎さん、この店で穴子まん食べたんだ!」

現実かアニメの世界かよくわからなくなってきました・・・。

2・むかし行った北海道屈斜路湖

映画「君の名は。」を観てきました。内容については伏せますが、街の描写が美しい!

新宿の高層ビル群、駅の看板、田舎の山あいの町並みが、まるで実写の映画のように忠実に再現されています。

日本のアニメーション技術も相変わらずすごいなっと思わせてくれました。

 

映画の中でヒロインの女の子が「早く東京に行きたーい」と言っているシーンがあります。

地方に住む人は東京に憧れますが、東京圏に住む人は地方に憧れるんですよね。

私もずっと埼玉・東京が生活圏なので、地方に住むのが憧れなんです。

地方の絶景や自然に囲まれて癒されたいです。

 

ここでおすすめの絶景スポットを一つ紹介します。

北海道弟子屈(てしかが)町にある屈斜路湖です。

f:id:funfuntravel:20160905174535j:plain

美幌峠(標高525m)から見る屈斜路湖は、私がいままで旅行した中で一番の絶景でした。

日本の湖で6番目(カルデラ湖としては1位)の大きさで、

湖の中央にある島は1周12kmと日本で一番大きい湖中島なんです。

湖の向こう側には知床連邦が見え、「天下の絶景」とも言われています。

 

もう6年も前で忘れかけているので、また行きたいですね。

1・ブログ始めました

皆さま、はじめまして。こんにちは。

いきなりですが、最近旅行してますか?

私はこれといって趣味とかないんですが、
いままでの人生振り返ってみると、旅行(国内)に結構行ってることに気づきました。

都道府県はまだ未踏ですが、沖縄、九州、四国、本州、北海道と上陸しています。

「日本にはこんなに素敵な場所があるんだ」と私は何回思ったことか…。

地震や台風が相次ぎ、日本が疲弊しているいまこそ、日本の魅力を再発見しに出掛けてみませんか?

このブログがそのきっかけになればと私は思います。

どうぞよろしくお願いしますm(__)m。