備忘録的、気まぐれ旅行記

国内旅行(マイナーな場所多め)のブログです。旅行で日本を元気に!

25・HIGHRAIL

今回は日本で一番高いところを走る列車に乗ってきました。

それが、JR小海線

八ヶ岳高原線の愛称でも親しまれ、JR線では日本一標高の高い地点を走る路線です。

普通列車でも良かったのですが、調べると臨時列車が走っているようで。

それが「HIGHRAIL1375」

 

標高の高さを表す「HIGH」と、線路の「RAIL」、そして野辺山駅から清里駅にかかるJR線標高最高地点「1375m」を組み合わせて名付けているようです。

JR東日本旅客鉄道株式会社 長野支社 | HIGH RAIL1375

 

大宮駅から高崎駅へ!

信越本線高崎駅5番線から出ます。

f:id:funfuntravel:20180917180022j:plain

横川駅に到着。

↓左が駅舎、右が「峠の釜めし」で有名なおぎのや。

f:id:funfuntravel:20180917180320j:plain

益子焼の器に入った釜めし(1000円)

f:id:funfuntravel:20180917180515j:plain


横川から軽井沢までバスに乗ります。

信越本線はもともと高崎から長野を経由し新潟を結ぶ路線なのですが、北陸(長野)新幹線の開業により、

高崎~横川→   信越本線
横川~軽井沢→  廃止(JRバスで代行)
軽井沢~篠ノ井→ しなの鉄道
篠ノ井~長野→  信越本線
長野~妙高高原→ しなの鉄道
妙高高原直江津えちごトキめき鉄道
直江津~新潟→  信越本線

JRになってから開業する新幹線と並行する在来線は第三セクター(自治体が運営)になってしまったため、このような複雑な路線形態になってしまいました。

 

↓横川駅から軽井沢方面を望む。昔は軽井沢まで線路がつながっていたんです。

f:id:funfuntravel:20180917181332j:plain
↓横川駅のスタンプは窓口で申し出ないとありません。

f:id:funfuntravel:20180917180916j:plain
↓横川から軽井沢まで510円です。

f:id:funfuntravel:20180917181109j:plain
↓軽井沢から小諸までしなの鉄道です。

f:id:funfuntravel:20180917181904j:plain


↓さて、小諸からお待ちかねの小海線です。

f:id:funfuntravel:20180917182028j:plain


↓入線してきました。

f:id:funfuntravel:20180917182300j:plain
↓(良い星空が眺められるように?)てるてるぼうず笑

f:id:funfuntravel:20180917182538j:plain

↓工夫された行先表示機

f:id:funfuntravel:20180917182707j:plain

乗車できるのは2号車からです。


↓記念ボード

f:id:funfuntravel:20180917182829j:plain


↓1号車(小淵沢寄り)は窓側を向いている席。

f:id:funfuntravel:20180917183012j:plain

↑右のペアシートがAB席、左の一人掛けがD席
↓2号車(小諸寄り)は普通の特急のような2+2の座席です。

f:id:funfuntravel:20180917184549j:plain

↓2号車には簡易プラネタリウム

f:id:funfuntravel:20180917183242j:plain


佐久平駅から1号車のカウンターでお土産、飲料を売ってます。

↓アイスコーヒー(350円)

f:id:funfuntravel:20180917183421j:plain

↓車内のWi-Fiにつなぐと、スマホから前面展望が!

f:id:funfuntravel:20181018234328j:plain

中込駅にて駅員さんがさるなしアメを配布。

f:id:funfuntravel:20180917183610j:plain

↓JRで一番標高の高い駅、野辺山駅

f:id:funfuntravel:20180917223848j:plain

↓野辺山~小海間のJR最高地点を走り抜けます。

f:id:funfuntravel:20180917183752j:plain

↑右に最高地点を示す柱があります。

北斗市観光協会の方からいただきました。

f:id:funfuntravel:20180917184108j:plain

↑ファミマのフィリピン産ドライマンゴーより味が濃くておいしかったです!

小淵沢に到着。

f:id:funfuntravel:20180917224140j:plain

↑だいぶキレイな駅舎ですね。

日中の電力は太陽光発電でまかなってるとのこと。

小淵沢の改札出て右に行くと丸政の山賊そばがあります。

f:id:funfuntravel:20180917223534j:plain

↑この界隈では有名で、このボリュームで420円


↓駅の屋上は展望台。

晴れていれば富士山が見えるようです。

f:id:funfuntravel:20180917184335j:plain

ここから中央本線特急で帰路につきました。

(注)ここで紹介している時刻表や運賃、品物の値段は2018年9月現在のものです。