備忘録的、気まぐれ旅行記

国内旅行(マイナーな場所多め)のブログです。旅行で日本を元気に!

26・キリシタンの地で移動中心の旅 その1

2018年、日本に新たな世界遺産が登録されました。

 

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」です。

 

江戸時代のキリスト教禁教政策のもとで、ひそかに信仰を伝えた人々の歴史を物語る証拠で、長崎県熊本県に12件の構成遺産からなります。

 

私の予想では「平成最後の世界遺産登録」になると思います。

 

今回、その12件のうち、長崎県大浦天主堂熊本県天草へ行ってきました。

ついでにかねてから行ってみたかった熊本県草千里と大観峰、長崎の夜景も観てきました。

 

行程

1日目 長崎空港口之津鬼池キリシタン館→崎津教会→天草下田温泉(望洋閣)

2日目 天草下田温泉天草五橋熊本市内(水前寺公園)→草千里→大観峰→杖立温泉(ひぜんや)

3日目 杖立温泉→長崎市内(大浦天主堂グラバー園稲佐山展望台)→長崎空港

(今回の旅行、ほとんどが移動でした・・・。)

 

↓長崎から天草へ行くには、口之津というところからフェリーに乗ります。

f:id:funfuntravel:20181108114549j:plain

↓フェリーの乗客は結構多いです。

f:id:funfuntravel:20181108114644j:plain

↓天草キリシタン館で天草とキリシタンの概要を学びます。(入場料300円、駐車場無料)

f:id:funfuntravel:20181108114802j:plain

↓崎津教会(教会付近に車は止められません。道の駅に車を止めることになります。)

f:id:funfuntravel:20181108115000j:plain

↓夕日に映るマリア像(崎津教会から徒歩7~8分)

f:id:funfuntravel:20181108115203j:plain

↓サンセットロードからの夕日

f:id:funfuntravel:20181108115055j:plain

↓1泊目は望洋閣という部屋やレストランから海が見えるホテルに泊まりました。

f:id:funfuntravel:20181108115320j:plain

その2へ続く